2017年1月26日木曜日

facebookの「ええやん!」ボタンが「いいね!」に戻らない!シェアボタンなどの言葉の変更の仕方

facebookページの言語設定を「日本語(関西)」に変更すると、「いいね!」が「ええやん!」になり、「シェア」が「わけわけ」になります。

この変更は非常に簡単で、facebookページの右カラム下の「日本語 · English (US) · Español · Português (Brasil) · Français (France)」と書いてある枠の「+」をクリックして、言語を「日本語」から「日本語(関西)」にするだけです。(現在設定されている言語は黒になっています)


上の画像のプラスボタンをクリックすると下のようなポップアップが出てきます。


日本語の下の「日本語(関西)」をクリックすると変更されます。


さて、これでfacebookページ上では「いいね!」が「ええやん!」になりました。
ただ、サイトに貼った「いいね!」ボタンは「ええやん!」になっていません。
逆も同じで「日本語(関西)」から「日本語」に変更しても、サイト上の「ええやん!」ボタンは「いいね!」にはなりません。

変更方法は簡単です。
「いいね!」ボタンを貼り付けたときに、以下のソースもheader内に入れたと思います。


<div id="fb-root"></div>
<script>(function(d, s, id) {
  var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];
  if (d.getElementById(id)) return;
  js = d.createElement(s); js.id = id; js.async = true;
  js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.5&appId=●●●●";
  fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);
}(document, 'script', 'facebook-jssdk'));</script>


上記コード内の赤文字「ja_JP」を「ja_KS」に変えるだけです。

「ええやん!」から「いいね!」は逆ですね。

ja_KS→ja_JP

です。非常に簡単なのですが、あまり情報が出ていないので、「変わらない!」と困っている人がいるのではないでしょうか?

2017年1月5日木曜日

WEBサイト用に画像を圧縮しよう!画像圧縮サービス「compressor.io」の使い方

いろいろな意味でサイトの表示は早ければ早いほど、良い!
表示が遅いとユーザはすぐにサイトを離脱してしまったり、SEOで不利になったりします。

ということで、今回は画像圧縮についてです。

画像圧縮のソフトやサービスはたくさんありますので、お好きなものを使ってもらえばいいと思います。

ぼくは以下の

JPEG軽量化ツール10選-画像圧縮変換後の容量を比較してみた

を参考にさせていただき、「compressor.io」を選びました。
非常に詳しくたくさんの画像圧縮サービスについて説明してくれているので、参考になります。

使い方は非常に簡単です。

https://compressor.io/

を開くと以下の画面が出ます。


TRY IT! をクリック



SELECT FILE をクリックして圧縮したい画像を選択してください。
画面にファイルをドラッグでも大丈夫です。

ファイルを選ぶとあとは自動で圧縮が開始されます。


圧縮が終わるとこんな感じになります。
Before > After に元ファイルサイズと圧縮後のファイルサイズが表示されます。
その横に右側には何%圧縮されたか出ています。
画像の真ん中の縦線は右オリジナル画像、左圧縮後の画像がスライダーでチェックできます。
見た目の違いはほとんどわからないです!

圧縮された画像をデスクトップにダウンロードするときは、

DOWNLOAD YOUR FILE をクリック

グーグルドライブとかドロップボックスに直接DLもできるみたいですね。

次の画像を圧縮する場合は、

Compress another picture をクリックでまたファイルを選べます。

以上で終わりです。
とても簡単です。


【注意点】
日本語名のファイルはうまくアップロードされなかったり、圧縮後にダウンロードが出来ない場合がありますので、アップする前にファイル名を英数字にしておきましょう。

※ブログに載せた圧縮で使った画像(うさぎ)はぼくが描いた油絵です